外環自動車道でも発生する交通事故の実態

交通事故1

外環自動車道といえば、日本経済の根幹を支える道路といっても過言ではありません。連日のように多くの自動車が利用することで有名。多くの人に利便性や快適性、効率性をもたらしてくれますが、交通事故が頻繫に発生している事実もあります。

いかにして痛ましい交通事故を減らしていくかに向けての取り組みが行われています。その詳細を見てみましょう。

脚光を浴びる東京外環プロジェクト

車9

外環自動車道の重要性については、改めて説明することもないといえるでしょう。参考リンク:事故障害

車社会と呼ばれて久しい日本社会ですが、その利便性や快適性、効率性を今まで以上に向上させてくれる切り札といっても過言ではありません。「東京外環プロジェクト」をご存知の方も多いかもしれませんが、そのプロジェクトも着々と進んでいます。

「みどりんぐ」や「がるるん」という名称をつけるなどの創意工夫も見られる東京外環プロジェクトは、日本のみならず世界中からも、その進捗状況が注目されるほどです。「みどりんぐ」とは本線トンネルの南行東名北工事であり、「がるるん」は同様に北行東名北工事のことを指し示します。

このような愛くるしいネーミングにすることで、外環自動車道工事への注目を高めたいという狙いがあることはいうまでもありません。とりわけ、次世代を担う子供たちに対するメッセージともいうことができるのではないでしょうか。

「みどりんぐ」や「がるるん」の進捗状況については、東京外環プロジェクトのサイトで詳細を確認することが可能です。プロジェクトでは、工事の進捗状況もリアルタイムに近い間隔で公表するなど情報開示に努めていることも多くの信頼を勝ち得ることにつながっています。

発生する交通事故の撲滅に向けて

ますます便利さに期待が寄せられる外環自動車道ですが、残念ながら交通事故が頻繫に起こっていることも事実です。近年になってからは、全体的な交通事故の数は減少傾向にあるといわれますが、それでも交通事故を撲滅することができていなのが実態といえるのではないでしょうか。

外環自動車道でも、交通事故の発生を防ぐための取り組みや啓蒙活動は盛んに行われています。ハンドルを握るドライバーのみならず、その家族の生活さえも脅かすことになりかねないのが交通事故の怖さであることはいうまでもありません。

交通事故を撲滅するためには、一にも二にもドライバーの意識が必要といえるでしょう。ついつい急いでいることで、安全への配慮がおろそかになってしまいがちです。日本国内でも、警察などが中心となり、交通事故撲滅に向けての取り組みやキャンペーンを強化したことで、従前よりも格段に交通事故数を少なくすることに成功しました。

その動きは一般道だけでなく、高速道路でも同様です。外環自動車道も決して例外ではなく、交通事故の発生をできる限り少なくするための努力を続けています。スピード違反やシートベルト、ながら運転などの交通事故の引き金になり得るインシデントにも徹底して目を光らせるなど、関係者が一丸となって利用者への呼びかけを実施しているのです。

避けなければならない交通事故

外環自動車道でも発生してしまった交通事故についての原因究明や再発防止に向けての取り組みには余念がありません。いかにして安全な環境を確保するかが、道路の管理者には求められることといえるでしょう。外環自動車道では、利用者の利便性や快適性、効率性を維持するためにも、リアルタイムの混雑の状況などを配信しています。

渋滞が発生している場合には、具体的な渋滞の長さはもとより、渋滞の原因や解消見込みの有無などについての情報を提供します。道路内に設置された案内板や電光掲示板に加えて、ネット上にもタイムリーな情報を提供しています。

外環自動車道はもはや、日本経済にとってもなくてはならない存在ともいえるのではないでしょうか。行楽や観光での移動もさることながら、物流などの面から見ても、貴重な大動脈といっても過言ではありません。現に多くのトラックなどの大型車両も連日のように外環自動車道を利用しています。

万一、外環自動車道が寸断されることになれば、たちまち物流がストップすることになり、スムーズな経済活動に大きな支障をきたすことになります。そういう意味では、地震や台風などの自然災害を防ぐことは難しいにしても、交通事故などによる渋滞は是が非でも避けることが求められます。

過去の教訓も活かすこと

車8

外環自動車道にもたくさんのトンネルがありますが、トンネルにも安全への配慮がなされていることはいうまでもありません。東京外環プロジェクトでは、このような事故を起こさないようにするための工夫も至る所に見られるなど、トンネル内の安全対策の確保に万全を期して臨んでいます。

具体的なトンネル内における危険といえば、火事や上部壁面落下などが挙げられます。記憶に新しい所でも、数年前には落下物に起因する重大事故が発生し、複数の犠牲者が出ました。東京外環プロジェクトでは、そのような過去の教訓を活かすことで、安全の確保に努めます。

東京外環プロジェクトでは、環境保護に向けての意識も決して忘れることなく、取り組みます。もはや、どのようなビジネスや経済活動を行う上でも、環境保護や省エネルギー社会への取り組みが不可欠です。もし、これらを無視すれば仮に利益や利潤を得ることができたとしても、結果的に否定されることになってしまうでしょう。

それほどまでに環境への配慮が重要視されていることを念頭におくべきといえます。プロジェクトでは、極力「蓋かけ構造」を採用することによって、排気ガスや二酸化炭素の排出量を減らすようにしています。

情報化社会の到来

外環自動車道の安全を確保するためには、交通事故を未然に防ぐことが重要です。最近では、心無いドライバーによる幅寄せやあおり運転など、高齢ドライバーによる逆走などが高速道路の安全を著しく脅かしています。これらの事象は社会問題化の様相を呈しており、運転をしない人にも他人事ではないとして知れ渡っているのです。

もはや、欠かすことができなくなったネット上では、外環自動車道の状況もリアルタイムで掲載されています。交通事故はもとより、車両規制や通行止めなどの情報も簡単にチェックすることが可能です。利用するドライバーの全てが安全運転を意識することが何よりも重要といえます。